家電をよく買うなら価格で得する量販店の株主優待を狙う

家電を少しでも安く買うためにネット価格を実店舗で提示し値引き交渉。この結果はどうなのかの体験記。

家電の価格はネット価格と比較して値下げに応じてくれるのか

家電を新しく買う時に、多くの人がネット検索で価格を調べることと思います。
そこで気になるのは、果たしてネットでの最安値価格を提示することで実店舗販売の家電店において、その価格と同額かもしくはそれ以下への値引き交渉をしてくれるのだろうかということです。
私の場合ですが、半年ほど前に掃除機を買い換えました。
最終的に買ったところは最寄りの大型家電店です。

「気になる値引き交渉をどうしたか。」についてお話します。
まず、価格をネットで調べてみました。
その時点で、最も安いところと、その家電店系列のネット価格との価格差は千円ほど高いものでしたが、もし、同価格以下程度で最寄りの実店舗から買う事ができれば、できれば実店舗から買いたいと考えました。
理由は、現物を見て説明を聞着たい内容があったことと、修理などの必要がある場合には最寄りの実店舗の方がスムーズだろうと考えたからです。

実際に、ネットの価格を提示したうえで、いくらにしてくれるか聞いてみました。
するとネットと同価格での販売をしてくれるとの答えでした。
ところが詳細は、持ち帰りが困難だけれども、自社便での配送をするほど大型の家電ではないため、一般宅配業者の配達を利用するという形でした。
この分の送料が数百円自己負担となりました。
実は送料分の値引き交渉をするのは、断念し、何も聞かず、言わずにそのまま購入をしました。
やはり、こちらが客であっても、スタッフの方もある程度無理をしてネット価格と同額に応じてくれた気配を感じましたので、気分良く買い物をするために数百円の送料分は妥協したという次第です。
単に、一円でも安く買いたい場合にはネット販売が最強でしょう。当時の買い物は価格こそ最安値とはいきませんでしたが、きちんと不明点を直接質問、納得したうえで現物を見て買ったので、結果としては安く買う事が出来たと思っています。


Copyright(c) 2017 家電をよく買うなら価格で得する量販店の株主優待を狙う All Rights Reserved.