家電をよく買うなら価格で得する量販店の株主優待を狙う

家電を買う時は昔は価格が多少高くても街の電器店でした。今では量販店や通販で全国統一価格みたいになっています。

家電を買う上での価格の今と昔。

家電を買う上での価格の今と昔について少し考えてみたいと思います。
昔は自分の住んでいる街には必ず小さな電器店があって価格が高かろうが安かろうがそこから買うのが一般的という時代があったように思います。
その中で大きな街に行けば少し大きな量販店があったり、究極的には秋葉原の電気街というものがありました。
地方では多少価格が安くても大きな街の量販店や秋葉原から購入するわけにもなかなかいかなかったという実情があったように思います。
また送料や配送料を考えれば地元の電器店から買った方が安上がりということもあったかもしれません。それ以外にも少しぐらいの修理なら地元の電器店の人が安くやってくれたりしたものだと思います。

しかしながら今の家電製品の修理は街の電器店で気軽にできるものでもなくなってきていますし、送料や配送料もかからなくなってきていますので時代は量販店や通販の時代になってしまったと思います。


秋葉原も電気街というよりは違うイメージの街になってしまったように思います。
インターネットが普及して通販では全国どこへでも同じ価格で配送してくれますし、以前は秋葉原にしかなかったような量販店も全国に出店していますから全国統一価格というか全国全て秋葉原化したようにさえ思います。
こうなってしまっては街の小さな電器店が勝てるわけもなく、今では家電を買うのは近くの量販店か通販かという感じになってしまったのではないでしょうか?通販でも1万円以上の製品なら送料無料というような感じになってきていますので一番安く売れる店が全国統一価格みたいになってきていると思います。


Copyright(c) 2017 家電をよく買うなら価格で得する量販店の株主優待を狙う All Rights Reserved.