家電をよく買うなら価格で得する量販店の株主優待を狙う

家電業界はお客獲得に必死です。価格もあって内容なもの。値引き交渉すれば、かなり安くなります。

家電の価格は値切ることができる

家電量販店ではお客様獲得に必死です。
家電を買うときには、価格をインターネットで必ず調べておくことが大切です。
インターネットでの販売価格は、店舗が無い分安く販売されることが多くあります。
その価格を必ずメモしてから買いに行きましょう。

大手の家電量販店では、値引き交渉しないで、表示通り買ってしまえば損をします。
必ず、店員にインターネットではこの価格だったというようなことを言って、値引きに応じさせることが良いです。
しばらくすると値引きされた価格を提示してきますので、それもメモしておきましょう。大手量販店は比較的駅前にある場合があります。
駅前には、ライバルの家電量販店がきっとあるはず、まずは、ライバルの家電量販連に行き、先ほどの店員が表示してくれた価格よりも高ければ、店員に価格交渉をしましょう。すると、前のお店の価格か、それ以下の価格で提示してくることが多いです。

しかし、ポイントに引っかかってしまってはいけません。ポイントがたとえ多く付いたとしても、お店が損をするのは、ポイントの価格ではなく、たとえば3000ポイント付いたとしても、お店は3000ポイント損をするのではなく、必ずポイントでお店の商品を購入してくれるということです。
3000円の家電をポイントで購入しても、お店は、商品の仕入れ価格しか損をしません。お客さんは3000円得をしたつもりでも、実は違うということです。
まあ、そのお店で何かを買う予定がまだあればいいのですが、そのような予定の無い人はポイントではなく、価格自体を下げてもらうということが得策です。
以上が家電を購入するにあたっての秘訣です。


Copyright(c) 2017 家電をよく買うなら価格で得する量販店の株主優待を狙う All Rights Reserved.